慰謝料とは

「浮気をされてしまった・・・・」

「暴力を受けている」

「結婚生活を大切にしてくれない」

「夫婦の営みを拒否されている」

上記のような場合、慰謝料の請求が認められる可能性があります。そもそも慰謝料とは、離婚によって被る精神的苦痛による損害の賠償となり、慰謝料が認められるケースとしては、
IMG_0555.jpg





不貞行為があった場合
② 婚姻生活の維持に理由なく協力しない
③ 暴力・犯罪・悪意の遺棄(生活費を一切いれないなど)
性交渉の根拠ない拒否

などがあります。

相談の中で多いですが、慰謝料請求が認められないことが多い場合としては「性格の不一致」
「価値観の違い」という理由での慰謝料請求です。

また、当事者双方に離婚の原因がある場合も、慰謝料請求は認められにくいと言えます。さらに、不貞行為に基づく慰謝料請求に関する問い合わせも多くあります。しかし、慰謝料請求をしていくための条件が整っていないというケースが実際は多いといえます。証拠があるかどうかが不貞行為に基づく慰謝料請求が認められるかどうかのポイントです。不貞行為の客観的な証拠を裁判所へ提出できれば慰謝料請求が可能となります。 「なんとなく浮気をしていると思われる」、「なんとなく不貞行為をしていると思われる」というのでは、慰謝料請求は難しいといえます。

慰謝料請求の相場は?

明確な基準は決まっていないですが、経験からいうと100万円~300万円程度が相場です。高くても500万円程度だと考えられます。それは、相手の財産、双方の有責行為の程度や回数、離婚に至る経過、婚姻期間、子供の有無、などによって決められます。

不貞行為の場合、夫が不貞した場合で、不貞相手女性に子供ができたようなケース等では、500万円よりも高額になる可能性もあります。

よく芸能人の離婚などで莫大な慰謝料で合意している事案が見られますが、これは双方が合意した上で高額の慰謝料請求が認められていると考えられます。

不倫相手へ慰謝料請求をしたい!

最近、不倫相手へ慰謝料請求をするという事案が増加する傾向にあります。金額は100万円~数百万円になるケースもあります。実際に慰謝料請求したという事例も多々あります。

不倫相手への慰謝料請求が認められる条件・ケースとしては、不倫相手がいた結果(不倫をした結果)結婚生活が成立されなくなり、離婚に至ったという場合が典型的です。他方、離婚を前提とせずに不倫相手に慰謝料請求をするという事案もありますが、この場合には、離婚をする場合と比べて慰謝料の額は低額となる傾向にあります。慰謝料の金額は100万円~200万円が標準ではないかと思います。

これらの慰謝料請求をする場合、不倫の相手だけでなく当然配偶者にも慰謝料請求をすることができます。

なお、
不倫をする前に夫婦生活が破綻(具体的には別居)していた場合には、慰謝料請求を認めない場合もあります。

慰謝料請求は当事者同士で話し合いで決めてしまったり、書面に残していない場合が多いですが、後々問題になるケースが多いです。また、冷静に相手と話し合うことが困難な状況でもあります。そのため、慰謝料を適正に貰い、かつ、ストレスを感じないためにも、専門的な知識と経験を持つ弁護士に問い合わせし、すっきりきっちり慰謝料の問題を解決しましょう。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ