養育費について

「養育費を払って欲しい」
「適正な養育費ってどれくらい?」

養育費とは、子供が社会人として自立するまでに必要となる費用のことをさします。

具体的にこれはいくらなの?
期間はいつまで?
何が該当するの?
IMG_0602.jpg


と思われる方は多いと思います。まず期間ですが、目安としては、成人する20歳や高校卒業までの18歳、大学卒業までの22歳となります。
何が該当するかですが、「衣食住」の経費や教育費、医療費、娯楽費など、自立するまでに必要となるすべての費用が養育費にあたります。

いくらなの?というのが一番知りたい部分ですが、養育費の額は、負担する側の経済力や生活水準によって変わってきますので一概にはいえないのです。

基本的には、双方の収入のバランスに応じて養育費を算定していきます。財産分与や慰謝料は一括で支払うのが原則ですが、養育費は通常定期的に負担していきます。
目安として、裁判所が早見表を示しています。こちらを拝見して頂き、概算して頂くとなんとなく金額のイメージかつくかと思います。

養育費の早見表

養育費って払う必要はあるの?
養育費負担義務というものがあり、養育費は必ず払う必要があります。元配偶者が支払う必要はないと言っていても、子供からの請求があれば養育費は支払う必要があります。親には未成熟な子供を養育する義務があり、これは自分の生活に余裕がある場合に行う「生活扶助義務」ではなく、自分が経済的に苦しくても行うべき「生活保持義務」と言われています。

なお,具体的な養育費は裁判所での相場がある程度決まっていますので養育費算定表をご覧下さい。

養育費算定表【表1~表10】.pdf
養育費算定表【表11~表18】.pdf

 

もし子供が何かしらの理由で何不自由なく暮らしているという場合には、養育費の請求は認められないこともあります。養育費の請求が認められる状況というのは、

①子供が扶養を必要とする状況にあること

②扶養義務者が生活保護を受けるぐらいに扶養能力がないなどの事情がないこと

という場合です。先ほど例を挙げた何も不自由のなく暮らしているという状況は、①の条件を満たなさないため、請求できない場合もあるということになります。親権者である母親が別の男性と再婚した場合は?というご質問がよくありますが、再婚したとしても養育費の負担義務はなくなりません。

養育費の変更や減額の申し立て

養育費の支払い期間は、成人する20歳や高校卒業までの18歳、大学卒業までの22歳が目安とされています。いずれにしても長期間に及ぶケースが多いです。そのような長期間の間には、お互いの職業や生活の状況まで様々なことが変化してきます。

子供のことを考えても、進学を公立にするか私立にするかで大きく変わりますし、養育費を支払うご本人としても、失業や再婚といったように状況は大きく変化します。そのように大きな変化があるにも関わらず、養育費の金額が最後まで必ず一定では、不都合が生じることがあります。 そのため、事情が変わった場合には養育費の変更(増額・減額)を裁判所に調停申立をすることも1つの方法です。

なお、原則として、一度決めた養育費の額や支払期間を変更することはできません。ただし、経済的事情が大きく変化した場合には、理由が正当であれば、養育費の増額や減額が認められるケースも多くあるのです。

まずは、お互いに話し合い、合意をする方法を最優先に検討すべきです。残念ながら、合意が得られない場合には家庭裁判所に養育費の増額又は養育費の減額の調停を申し出ることができます。そして、裁判所での調停での合意又は審判での強制的な決定により養育費の額を変更することができます。

○事情や状況がかわったので、今の養育費を払えない

○養育費の金額を計算してほしい

○離婚した場合、子供の養育費をどれぐらいもらえるのか知りたい

○養育費に関して、相手と見解が違ったり、争いがある

○子供のためにも、正当な養育費を受け取りたい

○経済的事情が変わったので、養育費の変更を要求したい

このような方は、当事務所にお問い合わせください。弁護士があなたの代わりに相手と交渉し、正当な養育費を獲得するために全力を尽くします。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ