婚姻費用について

「婚姻費用を請求したい!」

「婚姻費用を請求されたけど、よくわからない」

「離婚した後の生活費を相手からしっかりもらいたい」

別居後の生活が同居している時に比べてはるかに劣悪になったり、それが要因で別居できないという状況を防ぐためにも、婚姻費用というものがあります。

IMG_0516.jpg



婚姻費用の正確な定義としては、夫婦が生活を送っていく上で必要なお金のことをさします。これは、民法に規定されており、「夫婦は相手の生活を自分と同じレベルで維持し、夫婦の資産、収入その他の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する義務がある。」となっています。

そのため、離婚前の別居中、離婚の協議中、離婚調停中、離婚訴訟中であったとしても、なかなか納得がいかないという方もおられるかもしれませんが、相手の生活を維持するため金銭の援助を行わなければなりません。

日本の一般的な習慣上、夫の収入(経済力)に依存している場合が多いため、当事務所でも妻側から婚姻費用を請求したいというお問い合わせは多いです。

実際のところ、離婚をせずに、別居をして婚姻費用を請求し続けた方が女性にとってはよいというケースも多々あります。離婚後は、婚姻費用の支払いはなくなりますし、仮に子供がいたとしても、養育費は婚姻費用よりも低額になるため、離婚をしない方が生活が安定するからです。

婚姻費用の基準と算定

こちらも養育費の算定と同様に裁判所である程度の基準を設けています。ご参考にして頂けたら幸いでございます。婚姻費用の算定表は絶対の基準ではありませんが、裁判所での調停・審判の際には、婚姻費用の算定表を基本として額が決められることが多いです。
「婚姻費用を請求したい!」

「婚姻費用を請求されたけど、よくわからない」

「離婚した後の生活費を相手からしっかりもらいたい」

「婚姻費用を請求したいが、相手が話を聞かない、対応してくれない」

「別居中の生活費や教育費を払ってくれる約束となっているが払われていない」

このような方は、当事務所にご相談ください。弁護士があなたの代わりに相手に正当な婚姻費用を請求致します。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ