年金分割

「仕事をしてなかったので、離婚した後の老後の年金はどうなるの?」

「年金をちゃんともらえないと困る。」

「離婚後の年金の仕組みを教えて欲しい。権利があるのであれば、権利を主張したい。」

IMG_0567.jpg

年金は、老後の人生にかかわるとても大きく重要な問題です。年金の制度は変わる可能性は高いのですが、現在では仕事をしていない、いわゆる専業主婦の方が受け取ることのできる年金は、国民年金の基礎年金だけとなります。

それに対し、会社員や公務員のように給与所得者の場合、基礎年金に加えて、厚生年金の報酬比例部分を受け取ることができるため、専業主婦の方に比べて高額となります。2004年までは、専業主婦の方はご自身の基礎年金しか受給できなかったのですが、その制度が「年金制度改革関連法」で改編され、年金を分割する制度が設けられました。

年金の分割方法

年金の分割制度には、二つあり、合意分割(当事者の一方からの年金分割請求によって、婚姻期間中に納めた保険料の額に対応する厚生年金(共済年金)を当事者間で分割することができる制度)では、最大2分の1まで年金分割が認められます。

双方が合意しない場合には、家庭裁判所で分割割合を決めることができます。二つのもう片方は3号分割というもので、妻が専業主婦だった期間は、夫の厚生年金の保険納付実績を自動的に2分の1に分割できるようになりました。夫が要求しても2分の1より割合を下げることはできません。年金の問題は生活設計に大きな影響を与える問題です。
 
「仕事をしてなかったので、離婚した後の老後の年金はどうなるの?」

「年金をちゃんともらえないと困る。」

「離婚後の年金の仕組みを教えて欲しい。権利があるのであれば、権利を主張したい。」

という場合には、離婚事案の経験豊富な弁護士へお問い合わせ下さい。
適正な年金の獲得を全力で目指します。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ