• HOME
  • 男性のための相談

男性のための離婚相談

男性からのお問い合わせで特に多いのが、

・妻と別れたいが、条件が折り合わない
・高額な慰謝料を請求されて困っている。
・財産分与、年金分割で納得のいかない条件を提示されて困っている。
・価値観が合わない妻との生活を見直したい。
・離婚するのは良いが、親権は手放したくない

というお悩みです。
3I4A6928-2.jpg


メディアでは女性向け・女性視点での話題は豊富にありますが、男性向けは少ない、という現実もあります。

どういうわけか、「離婚に力を入れている弁護士」には、「女性の依頼者」に偏っている傾向がある、と思われる方もあるのではないでしょうか?

当事務所は、男性・女性双方のその後の人生の幸せを望んでいますので、男性の離婚にも力を入れています。

相談のポイント

1. 離婚したいが条件が合わない場合

「妻以外に好きな人ができたので、離婚したい」「しかし、できるだけ金を払いたくない」というお問い合わせが多いのも事実です。

もちろん、あなたが浮気をしたのは、妻にも原因はあるのでしょうから、お気持ちが分からなくはありません。

しかし、ハッキリ申し上げて、不貞行為があった場合、圧倒的に条件交渉は不利です。不貞行為があった場合、不貞行為があった側からの離婚の請求は原則認められません。つまり、相手が応じない限りは離婚ができないということになってしまうのです。

ただし、相手が応じれば離婚をすることはできるのです。
そのため、
あなたが、早く次の人生を楽しみたいのなら、「お金で時間を買う」のも一つの選択肢です。

もちろん、言いなりにお金を払うのではありません。法律的な問題ですから「落としどころ」というものがあり、交渉の仕方があります。

また、不貞行為があったとしても、別居後長期間を経過してからの離婚の請求であれば裁判所で離婚が認められることもあります。さらに、別居期間が一定期間続いていれば、相手も協議離婚に応じやすくなることが多いです。まずは別居をして様子を見るというのも一つの選択肢です。

つまり、不貞行為をした男性は圧倒的に不利な状態からのスタートになりますが、方法が全くないわけではないのです。

2.子供との面接交渉の問題

たいていは女性側が子供を引き取って養育することになるので、男性は子供と別れて暮らさなければならないことになります。もちろん、制度としては、子供との面接交渉が認められているのですが、現実には必ずしも充分機能しているとは言えません。

「子供と合わせてもらえない」とか、酷い場合には、「お父さんは死んだ」事にされてしまっている、という場合もあります。
離婚後の面接交渉をきちんと実現するためには、法律的な正論を振り回すだけでなく、離婚に際しての相手との交渉において、できるだけ感情的な対立を防止することが重要であり、この面でも弁護士の重要な役割があると考えます。

面接交渉については、条件をきちんと明確に定めておけば、従わない相手に対して間接強制(一種の罰金)を課すことができる場合があります。条件が不明確な場合には間接強制をすることはできませんし、間接強制をする場合には裁判所で内容を決める必要もあります。中途半端な内容の合意では強制力がないのです。

離婚したとしても、子供は子供です。男性だって子供との関係を継続したいと望みたい場合が多いです。男性の場合,子供との関係をしっかり考えることが重要です。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ