協議離婚のポイント

協議離婚とは、夫婦で話し合う方法です。離婚全体の90%以上を占めます。離婚の第一歩は、まずは夫婦の話し合いからスタートです。多くの夫婦はここで結論に達します。

ここでは大事なのは、親権、養育費、財産分与、慰謝料などをきちんと合意しておくことです。

IMG_0538.jpg
合意できたら市区町村役場に離婚届を提出します。未成年の子供がいる場合、夫婦のどちらかを親権者として指定して離婚届に記載しなければならないことです。記載がないと受理されません。

ポイント

協議離婚は夫婦間で離婚をすることについての合意があり、親権者さえ決まっていれば成立します。もっとも、養育費や財産分与、慰謝料等、金銭面についても協議離婚の際に一緒に決めておくことがよいでしょう。当事務所に問い合わせされるケースでも、十分な話し合いなしに離婚してしまい、後々金銭面でのトラブルに発展するケースが見受けられますので注意が必要です。

協議離婚できる場合でも、弁護士などの専門家に問い合わせすることがお勧めです。口頭での約束では養育費や財産分与などについて決めたとしても、それが必ず実行されるとは限りません。
特に養育費は殆どの場合、子供が20歳前後になるまで長期間毎月支払うことになりますので、しばしば途中で支払われなくなるという悲しい現実があります。

それを防ぐためには、公正役場にて公証人に公正証書を作成してもらう方法があります。公正証書を作成する場合は一定の費用が発生しますが、執行認諾文言付公正証書にすることで、裁判をしなくてもトラブルになった場合、強制執行が可能になります。こんな時は、弁護士にお問い合わせください。

○相手が話し合いに応じない。 
○相手が協議についてどのような反応をするのか心配。 
○当然子供のことやお金のことなど、確保すべき権利はしっかり確保しておきたい。
○直接の話し合いだけでは、決めたことが守られるのか心配。 

このような悩みをお持ちの方は、当事務所にお問い合わせください。弁護士があなたの代理人となって相手と話し合います。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ