• HOME
  • 全体像とポイント

離婚の全体像とポイント

離婚の流れ

まずは、解決に向けたおおまかな流れを把握して下さい。

相談から解決までの全体像

協議(話し合い)の実施

第一歩は、まずは夫婦の話し合いからスタートです。多くの夫婦はここで離婚という結論に達します。ここでは大事なのは、親権、養育費、財産分与、慰謝料などをきちんと合意しておくことです。

調停の実施

夫婦間で話し合いが付かなければ、家庭裁判所に夫婦関係調整の調停を申し立てて、ここで調停委員の指導を受けながら、妥協点を探ることになります。調停条項は判決と同じ重みがあり、強制執行も可能です。

裁判の実施

日本では、調停前置主義と言って、調停なしに、いきなり裁判はできません。調停が成立しなかった場合のみ、訴訟を提起できます。裁判では、「離婚を認めてくれ」という命題に対して、是か非かの判断を下されます。また親権者、養育費、財産分与など、付帯的な諸条件も審理されます。

ポイント

離婚についての法律的な争いは、大きく言うと、①離婚できるかどうか、②子供の問題、③お金の問題の3つです。経緯(いきさつ)や感情的な争いは様々ですが、結局のところ、最終的には、この3つの問題にケリをつけなければなりません。

離婚できるかどうか

相手が応じない場合でも、「法律が認める離婚原因」に該当すれば、離婚できます。

子供の問題

未成年の子供がいる場合、夫婦の一方を親権者と定める必要があります。また、養育費や、監護親とならなかった親の面接交渉の方法を決める必要があります。

お金の問題

婚姻後に形成された夫婦の共有財産の財産分与、相手方に不貞があった場合などの慰謝料、などを決める必要があります。逆に言うと、一見複雑に思える離婚問題も、上記の3つにケリをつけるだけとも言えます。

しかし、現実には、お互いに過去の経緯や感情的なことが入り組んで、解決に時間がかかることもしばしばあります。
また、お互いに、なじりあい、傷つけあう場面も見られます。そのような場合は、第三者である弁護士を入れたほうが、良い解決がえられると思います。

新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき離婚相談の受付を一時停止しています。
新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

弁護士法人よつば総合法律事務所

0120-916-746│お問い合わせ受付時間6:00~22:00(平日・土日祝日)
どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●弁護士紹介    ●事務所紹介    ●当事務所のサービス料金
●ご推薦者の言葉    ●アクセスマップ    ●ご相談の流れ